銀行カードローン総量規制

MENU

銀行カードローンと総量規制

2010年に貸金業法の改正が完全施行となり、消費者金融系の消費者金融や信販会社を使ったキャッシングに制限されるようになったことや、金利の見直し、広告規制と大幅な改正がおこなわれました。

中でも借金 総量規制は、これまで消費者金融の貸出しの上限が決まっていなかったため、貸せる人にはどんどん貸付けを行い、やがては返済に行き詰まり、返済の為にお金を借りるといった状況が増えたため、金融庁は消費者金融を守るということから総量規制で融資限度額が決められ、消費者金融でキャッシングをするときは年収が必要になり、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

総量規制は貸金業法なので消費者金融やクレジット会社が対象になり、おなじ金融業でも銀行は銀行法があるので貸金業法は適用されず、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので、銀行カードローンは審査に通れば借入希望額が年収の3分の1をこえていても融資が可能などで融資限度額が最高で1,000万円といったような高額融資も取り扱っています。

銀行などの金融機関は総量規制の対象外となるのでこのカードローンを、総量規制対象外のカードローンと言います。


総量規制で消費者金融のキャッシングは年収がなければ融資を受けられませんが、銀行カードローンは収入のない専業主婦でもキャッシングが可能で、銀行によっては専業主婦専用のカードローンを扱っている銀行もあるので、専業主婦がキャッシングを利用したいときは銀行カードローンがおすすめです。

 



消費者金融で融資を受ける人が増えている理由

一昔前までは怖がられていたのに、現在では消費者金融を気軽に利用する人が増えています。その理由のひとつは、融資のスピードが速いことにあります。最短で即日で融資を受けられるというのが消費者金融の大きなメリットです。

銀行で融資の申し込みをすると、色々な書類に記入し、審査の結果が出るまで時間がかかる場合が少なくないようです。その点、消費者金融はインターネットやスマホから申し込みでき、審査のスピードも速いので、手間と時間の節約ができます。

また、一度キャッシングカードを作っておけば、利用限度額内で何度も繰り返し利用することができます。コンビニのATMと提携している業者が多いので、旅行先で急にお金が必要になった時にも、スピーディーに対応できます。